飯田泰之

飯田泰之(いいだやすゆき、1975年 - )は東京都出身の経済学者、エコノミスト。株式会社シノドスマネジング・ディレクター。財務省財務総合政策研究所上席客員研究員。専門は、経済政策・マクロ経済学。

履歴

海城中学・高等学校、東京大学経済学部卒業。
東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。
内閣府経済社会総合研究所客員研究員(2003年5月~2005年3月、2007年4月~2009年3月)。
参議院事務局特別調査室客員調査員(2004年4月~2005年3月)、
駒澤大学経済学部現代応用経済学科専任講師・准教授(2003年4月~2013年3月)。
明治大学政治経済学部経済学科准教授(2013年4月~ )。

人物

東京大学での指導教官は吉川洋。
所属学会は、日本経済学会、日本金融学会、日本経済政策学会、Econometric Society。
芹沢一也、荻上チキとともに書籍・セミナー企画、番組製作等を行うプラットフォーム、シノドスの運営に携わっている。
『論座』(廃刊)や、雑誌『Voice』などに経済時評の連載を持っている。
『週刊SPA!』内に、荻上チキとの連載コーナー「週刊チキーーダ!」を持つ。そのため、ラジオ出演時などに、「チキーーダ」(チキ+イーダ)のコンビ名で呼ばれることもある。
大学院時代には予備校講師として公務員対策の経済学の講義を担当する。同時期の著作に『3時間でわかる経済学入門』、『3時間でわかるミクロ経済学入門』、『3時間でわかるマクロ経済学入門』(いずれも早稲田経営出版)がある。
電子掲示板いちごびびえすにて「すりらんか」の名前で啓蒙的な書き込みを行っていた。同掲示板で活動していた「ドラエモン」(岡田靖)が2010年4月10日に永眠したのを受けて上記のハンドルネームは使用しない旨を述べている。
 10年間教鞭を執った駒澤大時代には、新学科設立準備委員会に所属、現代応用経済学科の申請・カリキュラム作成に参加した。また労働組合において代議委員会副議長,執行委員会賃金対策委員を務め、これを通じて私立大学の置かれている状況を理解する上で大きな糧となったと述べている。

  • 最終更新:2013-12-27 09:00:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード